リサイクルトナーを利用することでコストダウンを図れます

近年トナーのリサイクルは普及されており、使用した純正カートリッジなどを回収し工場において分解したり洗浄し、部品交換や粉の充填などを行ってから、もう一度使用することができるようにしています。基本的に純正品と同じなのですが、使用したものに加工や修理などを施しているので、少し形状が違うケースもあります。使用したカートリッジをもう一度利用しているので環境に優しかったり、コストパフォーマンスが高いアイテムです。プリンターの消耗品において再生可能なものにはカートリッジの他にドラムや感光体などがあり、近年省エネ活動において積極的生産されたり販売されています。品質管理基準が設けられており、認定された工場において作られるので、選択する際の1つの基準になるでしょう。

純正品と比較するとかなり安価です

リサイクルトナーのメリットには、純正品と比較すると圧倒的に安価ということです。販売価格は純正品のもの比べると1/10以下のものもあり、メーカーで廃止になったアイテムでも扱っているケースがあります。純正品が高い金額の理由は、純正メーカー側がプリンター本体を安くし、ドラムなどの消耗品の金額を高く設定していることにあります。トナーは純正メーカー以外の企業がほとんど製造しているため、利益そのものの構造が異なり、そのために複数企業で競争することになり安価で購入することが可能です。購入した後のサポートは販売会社や工場によって異なり、純正品のものに比べるとどうしても不良率が高くなってしまうので、生産地や品質管理、購入した後の保証やアフターフォローなどがきちんとしている販売店を選択することが大切でしょう。上手に利用することで、コストを抑えたり安全・安心して利用することが可能です。

やや不良率が高いことと色合いが異なります

反対にデメリットは、純正品に比べると不良率が高いことです。確かに購入するアイテムによっても異なりますが、一定の割合で不良品や欠陥品などが発生しています。もしもの時を考えて、予備のアイテムを準備しておくと良いでしょう。純正品と色合いを比べてみると黒色はほぼ同じ色ですが、カラーに関しては少し色合いが違うケースがあります。原因は純正品のものと粉の成分が、完全に同じではないからです。各メーカーにおいてできる限り純正品の色合いに近づけるよう取り組んでいますが、やはり純正品とまったく同じ色合いのものというのは難しいようで、一般的な資料の場合にはあまり問題はないですが、広告やデザインなどにおいて純正品と同じ色を求めるなら純正品の方を利用した方が安心でしょう。

宅配代引きO(宅配便限り)15時までのご注文なら即日発送! 数量限定送料無料大特価1000円の、選べる互換インク福袋販売中!数が限られてますのでお早めに! 当店人気の高品質インクが期間限定大幅値下げ!!クリアな染色、色褪せに強い耐久力で写真印刷に最適!この機会に是非お試しを! リサイクルトナーも各社ご用意ございます