トナーのリサイクル品は経費を節約してくれます

レーザーカラープリンターや複合機を導入する会社が多くなっています。
複合機はプリンターとしての機能もあるので、レーザーカラープリンターを別途用意する必要はないのですが、ランニングコストを考えた場合、複合機の保守契約がカウンター契約の場合、カラー印刷1枚当たりのコストが掛かるため、カラー印刷についてはレーザーカラープリンターを使いたいと考える会社も少なくありません。
しかし、複合機では白黒印刷、レーザーカラープリンターではカラー印刷をする事をルール化していても、印刷するハードウェアを間違えて複合機でカラー印刷をしてしまうケースもあり、大量に印刷をした時などのコストが多く掛かるケースもあります。
リサイクルトナーは純正品とは異なり、価格が安いなどの理由からも導入するケースが多くなっています。

純正品との違いについて

リサイクルトナーは空きカートリッジを回収して、カートリッジを分解洗浄を行い、消耗している部品がある場合には交換をする、使える部分はそのまま利用してインクの粉をカートリッジに注入、製品が正常に動作するか否かを検査した上で販売が行われるものであり、安心して使用が出来るようになっています。
さらに、工場でリユースが行われている事や使える部品はそのまま使っているので、環境にもやさしく、地球の資源を無駄にしないなどのメリットにも繋がります。
純正品と比べると値段が安くなっているのが特徴ですが、カートリッジに充填しているインクの粉はメーカーが製造するものとは違うので、印刷を行った時の印字表現に差が出て来る事もあります。
特に、写真などを印刷した時には差があるので、会社によっては純正品を使うOA機器などを使い分けているケースもあります。

印刷品質は使い分ける事で経費を節約に繋げる

リサイクル品の場合、専門業者がカートリッジにトナーを充填している、これはメーカーが製造するものとは異なるのでカラー印刷を行った時の写真画質が変わるなどの特徴もあります。
但し、リユース品は純正品よりも価格が安くなっている、経費を節約する事が出来るなどの理由からも注目を集めている消耗品です。
文書を印刷する時やレイアウトを作成して、全体のレイアウトを見たい時にはリユース品を利用しているプリンターを使って印刷する、写真をきれいに印刷したい時には純正品を利用しているプリンターを使って印刷するなどの使い分けを行えば、経費の節約にも繋がります。
校正などで使用する時には写真のクォリティーが求められるので純正品を使っているプリンターを使えば、印刷時の品質を確認する事が出来るなどのメリットにも繋がります。